新間見性寺の池の蓮華(れんげ)

今朝、新間見性寺の本堂横の池に、ピンク色の蓮の花がひとつだけ咲いていました。
先ほど写真を撮ったのですが、朝の方がもっとつぼみが開いていたような・・・
調べてみると、
「蓮の花は夜中のうちつぼみが水面に出てきて咲き、日が暮れてくるとまた花がつぼみのようにすぼんで水のなかに戻っていく」とのことでした。なるほどねぇ~
話はちょっと変わりますが仏教では、私達の大事な方が亡くなり、旅立たれてから3日目のことを開蓮忌(ハスの花を開く)といいます。お葬式をして、仏の弟子となられた故人のために私達が仏としての居場所(蓮華台)をつくろうと祈るというのが、開蓮忌なんです。なぜ人は大事な人を亡くした時に、あんなにも悲しみ、迷うのか? 蓮の花は、泥(悲しみ・迷いの世界)を離れて咲くことはけっしてありません。悲しみ、迷うことも大事な故人への供養なんですよね・・・
今度是非、仏像の足元を見てください。蓮の花がまだつぼみの仏さまもいらっしゃれば、大きく咲いた仏さまもいらっしゃいますよ!

梅雨の雨に誘われて、モリアオガエルが新間見性寺の池の木に真っ白な卵を産み付けました。

ここ最近の雨に誘われて、新間見性寺のまわりに住みついているモリアオガエル達が、
ここしばらくお休みしていた産卵を再び始めたようです。真っ白なあわのような卵を
池の木に産み付けました。池の水の中には、先に孵化したおたまじゃくしが2センチ
程に成長しています。また、同じ池の中には、生まれてくるおたまじゃくしを狙って
イモリやヤモリも共生しています。おたまじゃくしが成長し、カエルになるころには、
梅雨も明け、いよいよ夏本番、お盆の季節が到来です。

新間見性寺で梅雨の雨に誘われてモリアオガエルが卵を産みました。

新間見性寺で梅雨の雨に誘われてモリアオガエルが卵を産みました。

新間見性寺でモリアオガエルのおたまじゃくしが孵化しました。

 

新間見性寺のおたまじゃくしが住む池にはイモリやヤモリも共生しています。

新間見性寺のおたまじゃくしが住む池にはイモリやヤモリも共生しています。

 

「東西落語会」行ってきました。

6月18日(火)、おとといの話ですが、静岡市市民文化会館で行なわれた「東西落語会」に行ってきました。出演は桂ざこば、桂米團治、三遊亭円楽、桂歌丸という大御所4人でした。
大ホールは2階までお客さんでいっぱいでした。落語にはド素人の私も、笑っている間に2時間があっという間に過ぎてしまいました。
是非、また生の落語を聞きに行きたいと思いました。
あと、もう一つの大事な用事が、11月に見性寺へ来て頂く円楽師匠にご挨拶をすることでした。色んなお話を聞かせて頂き、お土産に色紙と写真を撮って頂きました。
11月に来て頂くのが、ますます楽しみになりました。

記念写真

今年も開催決定!新間見性寺サマースクール2013

平成25年8月26日の月曜日に今年で4回目となります新間見性寺サマースクール2013を開催致します。今年も、般若心経をお唱えしたり、坐禅、清掃、万華鏡つくりをはじめ、お楽しみの豆まき、輪投げなどあります。是非、皆さんのご参加をお待ちしています。
詳細は見性寺へお問い合わせください。

新間見性寺サマースクール2013

 

新間見性寺 輔苦離往生佛祈祷大祭ご案内

本年11月8日(金)、新間見性寺にて行ないます輔苦離往生佛祈祷大祭に
テレビ「笑点」でおなじみの6代目三遊亭円楽師匠が見性寺に来山し、
落語を披露してくれます。7月1日より、受付を開始致します。
お越し頂くには、先に見性寺寺務所にてご祈祷料3500円をお納め頂きま
すと、大祭祈祷札をお渡し致します。祈祷祭当日には、そのお札をお持
ち頂きます。
また祈祷祭の中で、お越し頂いた皆様の延命天寿・身体健全・家内安全
等をご祈願し、お名前をお読み上げ致しますので、受付の際にお名前を
お聞かせ下さい。
たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

是非、見性寺へお越し下さい。お待ちしております。

© Copyright 新間見性寺