今、新間見性寺の境内は南天の白く小さな花が満開です。

今、新間見性寺の境内は南天の白く小さな花が満開です。
南天の葉には猛毒が含まれているのですが、ほんの少量のため危険性はなく、
また食べ物の防腐に効果があり、うちの奥さんも子供の弁当の中によく彩り
で入れていますね!
また、南天の赤い実に含まれる成分には、咳を止める効用があり、南天のど
飴でもよく知られています。でも、ひとつ間違えてその成分を多量に撮りす
ぎてしまうと、逆に神経の麻痺を引き起こすので、素人は取扱いに注意が必
要のようです。
そう考えると鳥は本当に賢くて、真冬でいよいよ食べ物がないとなると南天
の実を食べに来ますねぇ~感心します。
日本ではナンテンが「難転」~難を転じて福となす~に通じることから、昔
から縁起木として愛されてきました。
秋から冬にかけては、新間見性寺の境内は、一面南天の赤い実で彩られます。
是非お越しになって、「難転」とご縁を結んで下さい。