ぽっくりさん


緣起

仏教では輪廻(りんね)すなわち、生あるものは、生と死を繰り返すと信じられてきました。
人は亡くなってから、四十九日間は、行先の決まらない中ぶらりんの状態が続き、この四十九日間を中陰(ちゅういん)と呼んでいます。
この間に、故人が次に生まれ変わる世界(来世)が決まるとされ、これが冥途の旅です。
死者はこの四十九日の間、生前の行いを調べられ、七日ごとそれぞれ違う裁判官が裁かれます。
一番有名なのが、五七日(いつなのか)目に登場する閻魔大王です。
地獄の裁判官だから絶望的な気分になりそうですが、ここで登場するのが七人の本地仏、いわゆる弁護人です。
初七日(しょなのか)には不動明王、
二七日(ふたなのか)にはお釈迦様、
三七日(みなのか)には文殊菩薩、
四七日(よなのか)には普賢菩薩、
五七日(いつなのか)には地蔵菩薩、
六七日(むなのか)には弥勒菩薩、
七七日(なななのか)には薬師如来がそれぞれ弁護にあたってくれます。
そして、死者は生前の犯した罪の軽重によって六つの世界に分かれます。
六つの世界とは、天道(人間界より楽で寿命も長いが、完全に煩悩から解放されていない世界)、人道(いわゆる人間の世界。
楽しみもあるが、四苦八苦の悩みと迷いの世界)、阿修羅道(戦いに明け暮れる、争いが絶えない世界)、畜生道(本能のおもむくままに生きる世界。人間に使用され自由がない世界)、餓鬼道(飢えの世界。
あくなき欲望をもつが、決して満たされることのない世界)、地獄道(苦しみそのものの世界。
絶えず鬼からの責め苦を受け続ける世界)の六つです。
これを六道と呼び、人はこの世界を、生まれ変わり、死に変わりしてグルグルと廻っているのです。
ですが、この六道とは決してあの世のことだけではなく、地獄道や餓鬼道とは、この娑婆世界に生きる私達の心の問題でもあるのです。
私達は、現世の四苦八苦が昂ずれば、それを地獄と感じます。
あの世の地獄もさることながら、今生の現実が地獄だとしたら、それはつらいことです。
その地獄を抜け出すための方法を教えてくれるのが、先の七人の本地仏です。
七人の御仏たちは、あまたの御仏さまの中でも、私達にもっとも身近な仏様であり、この世に生きる我々の御守り本尊であり、来世の、つまりご先祖供養の仏様でもあるのです。
特に、見性寺ぽっくりさん(輔苦離往生仏)は、二七日目の本地仏であるお釈迦さまの化身であります。
ですから見性寺では、我々の心が真に救われ、更にすべての世が浄土になることを願って、見性寺ぽっくりさんを初め、七人の本地仏に供養いたしております。
現世安穏にして、しかも後生浄土を乞い願うと共に、ご先祖を想い、報恩感謝の気持ちで当見性寺ぽっくりさんをお参りされることをおすすめいたします。

© Copyright 新間見性寺